人気ブログランキング |

心☆穏やか@東京国立博物館

こんにちは♪
産業・心理カウンセラー・アドバイザーのkazumi☆です。

最近のザワザワな騒がしい心を沈めに(笑)
上野の東京国立博物館(7/10迄開催中)の
"ほほえみの御仏" ~二つの半跏思惟像~ 展に行って参りました。

《国宝》半跏思惟像(奈良・中宮寺門跡蔵)と同時に
《韓国国宝78号》半跏思惟像(韓国国立中央博物館蔵)も拝見出来る事に心ワクワクしていました。

半跏思惟像とは…左足を踏み下げ、右足をその膝の上に組んで座り、右手を頬に添えて思案する仏像。
このような座り方を半跏といい、物思いにふける(思惟)ことがその名の由来です。

日本と韓国に同じ姿の優れた仏像が残るのは、両国の古代から続く交流の深さを物語ります。両国の仏教の美を堪能できるまたとない機会です(東京国立博物館H.Pより)

二つの仏像が向かい合わせにお互いが見える距離に展示されている…二つの国を考えると、感慨深い思いがしました。
韓国の半跏思惟像(金銅製)の仏像は日本の半跏思惟像(木彫刻仏・楠木製)よりもサイズは小さめで少し驚きました。

《韓国国宝78号》半跏思惟像
(韓国国立中央博物館蔵)(三国時代・6世紀)

金銅製ながら高さ83㎝の大作で、鋭利な表現の一方、ふくよかな指をふっくらとした頬に添えて伏し目がちに口元に微笑を浮かべる美しい作品。

《国宝》半跏思惟像(奈良・中宮寺寺門跡蔵)
(飛鳥時代・7世紀後半)

背筋を伸ばし、右足を左足の上に組んで座具に座り、右手の中指を頬に当てて思案する像。柔らかい微笑み、ゆったりとした姿勢、新しい表現が重なっり合って、清楚で上品な雰囲気を醸しだしています。(東京国立博物館H.Pより)

韓国・朝鮮半島からの影響を多大に受けている作品に改めて深い想いを感じ、お互いがこれからも文化・芸術において交流していく事がこれからの未来に繋がっていく事を、願わずにはいられませんでした。お誘い頂きご一緒したMさんありがとうございました❗

Blogを見て頂きありがとうございます🎵

皆様のご健康とお幸せを心からお祈りしています。
心☆穏やか@東京国立博物館_a0349374_16491884.jpg
(東京国立博物館H.Pより)
心☆穏やか@東京国立博物館_a0349374_16501000.jpg

心☆穏やか@東京国立博物館_a0349374_16514224.jpg

~お知らせです~
都内・横浜近郊ホテルラウンジ・カフェ等でカウンセリングをしています。
(H.P)http://www.kirameki2kw.com
カウンセリングで何かきっかけを掴みませんか?
まずはお気軽お問い合わせくださいね。

☆☆感謝☆☆

by kirameki-k-white | 2016-07-09 14:18 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://kirameki2w.exblog.jp/tb/22979471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。